×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

在宅ワークの現実

在宅ワークのお仕事でよく目にするデータ入力といっても単純な入力作業だけという訳ではありません。仕事を発注する企業によってその指示・仕様が異なります。また、在宅ワークの場合は、経理から備品の購入から、すべて自分自身で準備しなくてはなりません。

一般的に在宅ワークの報酬は出来高制になっていることが多いようです。時間をかけて作成したデータでも、ミスタッチや使えないデータに対してはお金がもらえない場合もあります。初心者の在宅ワークの場合は、換算してみて時給500〜600円ぐらいというのが現実のようです。

在宅ワークの良いところは、自由なところです。服装も時間も自由。人間関係に縛られることもありません。さらに自分が頑張った仕事の分だけ評価され報酬になるというやりがいもあります。どちらにしても、同じ単価でも自分のスキルが高ければ、報酬がよくなるというのが在宅ワークの特徴なのです。

在宅ワークで今よりも稼ぎたいひとは、スキルを磨き続ける努力が必要です。そして仕事の幅に制限をかけないようにすることが大切です。より好みばかりしていては、なかなか先には進めません。自分自身の力で頑張っていこうという強い意志が在宅ワークには重要なことなのです。

関連サイト


在宅ワークのデメリット

在宅ワークを行うにあたって、メリットばかりに目を奪われてはなりません。デメリットもあるのです。確かに在宅ワークの一部分では大きく稼げる可能性のある仕事もあります。しかし、在宅ワークのデメリットである、結果が出なければ収入ゼロも確実にありえるということをしっかりと知識の中に入れておくことも大切です。

在宅ワークをもっと掘り下げていけば、納期を厳守するなど、自己コントロールができる必要があります。そして在宅ワークに必要なパソコン、ファックス、名刺、電話、資料調達などの経費を自分で負担しなくてはならないのです。

会社に勤めていれば当たり前に支給されていた事がそういうわけにはいかなくなるのです。重要視されるのが成果であるのが在宅ワークの特徴です。仕事を依頼されたら、期日までに納品できなければならないのが在宅ワークなのです。やはり、締め切り期日までに依頼物をこなすペース配分が必要です。空いた時間で仕事ができると思っていても実際はなかなか難しいものです。

自分の生活リズムを変えてでも間に合わせる覚悟が必要でしょう。もうひとつのデメリットとして在宅ワークは収入が不安定であるということがあげられます。企業側が仕事を発注するときの都合によって、仕事が驚くほど少ない期間があったり、逆に多いときもあります。在宅ワークの厳しい現実ですが、これをデメリットと取るか、メリットととるかは自分次第なのではないでしょうか。


Copyright © 2008 在宅ワーク All rights reserved.
- ホームページSOS -